fullscreen-default-slider-image

プログラマとしての仕事に大きな魅力を感じている人は多い。
しかし、高度なプログラミング技術がその仕事をこなすため必要であり、開発経験も重要である。そのため、将来プログラミングの仕事を目指すことを諦める人もいる。確かに、現在のビジネス業界では、即戦力を求める傾向は強くなっている。それでも、うまく方法を考えれば、未経験でもプログラマとしての第一歩を踏み出す事ができるチャンスが掴める。

技術者を求めているソフトウェア開発会社の中には、たとえ未経験であっても採用しているケースもある。プログラミング技術者としては、プログラムを制作するスキルを既に修得していることは望ましい。しかしながら、プログラマにはプログラムスキル以外にも身につけておくべき重要な能力がある。コミュニケーション能力や個人の資質もまた、高く評価すべきポイントとしてある。プログラミング技術は、勉強を続け実践を積み重ねることで着実に修得する事ができる。研修などを通して、プログラミング技術を身につけ経験を積むことは十分に可能である。

しかしその他の要素については、個人のこれまでの生活環境や生まれ持ってきたものに左右される点が大きい。そのため、プログラミング技術以外の能力部分を高く評価して、たとえ未経験者であったとしても採用の対象とする事がある。たとえプログラム作成の経験がないとしても、エンジニアとして仕事に携わるチャンスはある。
未経験でこれからプログラマを目指す方はまず【集まれ!未経験プログラマ】を参考にしてみてはどうだろうか。